男女が別れるべき絶妙のタイミング

この記事は 約2 分で読めます。

We just disagree

このまま続けるべきか、別れるべきかなかなか決められない。一緒にいるのもどうかと思うけど、かといって一人にもなりたくない。優柔不断な状況に自分が陥ってしまったときにすっぱり別れを決めるべき15のタイミングをまとめてみました。

こんなときはあなたがパートナーと別れるべき

1、少なくとも1か月に一度以上は喧嘩をし、その度に別れ話が持ち上がる。

2、話していても退屈で、他のことを考えてしまったり、相手の言葉が全然頭に入ってこない。

3、彼氏彼女抜きで友達と遊びにいくときが待ち遠しくて仕方がない。

4、友達や家族、あるいは第三者にできれば紹介したくないと思っている自分がいる。

5、相手が出張、旅行などでしばらく会えないことになると、嬉しくてその日になにをしようか本格的に計画してしまう。

6、浮気はしないまでも、他の異性の誘いを嬉しく思い断らない。

7、相手の意見が馬鹿馬鹿しく思えるだけではなく、相手も自分の意見を見下しているように思えてしまう。

8、口論になる、あるいは言い負かされることが嫌で相手の前で自分の感じていることを正直に表現するのに抵抗がある。

9、相手と時間を過ごすのに義務感を覚え、友達と遊んでいた時代を懐かしく思う。

10、相手が自分の目標や夢に対して冷やかな意見を持っている。

11、祝い事やデートなど相手に頼まないと、自分からなにもやってくれない。

12、相手が自分の友達や家族の悪口ばかりいう。

13、相手が異常なまでに嫉妬深く、異性のことですぐにかんしゃくを起こす。

14、映画、音楽、本などの趣味が全く合わないだけでなく、自分の趣味のほうがセンスがいいと譲らない。

15、この人と別れたら、どんなに楽だろうかなどということをよく考える。