彼氏彼女と同棲するべき? うまいくコツと方法

Moving day

付き合いも長くなってきたし、そろそろ次のステップに行きたい。あるいは別々に暮らしていると、忙しくてなかなか会えない。そんなときに考えるのが同棲じゃないでしょうか。

ただ、同棲には様々なリスクが伴うもの。うまく行かなかったらどうしよう。別れたら路頭に迷ってしまう。そんな悩みを抱える人のために同棲生活を上手く行かせるためのコツと方法を紹介します。

同棲生活における7つのコツ&方法

1、お金の管理をしっかりする

一緒に生活をするということは生活費も一緒になるということです。もちろんカップルによっては男性が家賃を払って、女性が食費を払う、あるいはどちらかが多く払う、少なく払うといったように様々です。

大切なのは誰がどれだけ払う、ということではなく、同棲を始めた時点で二人が納得できる生活費のルールを決めておくことです。

お金をどのように管理するのかが決まっていないと、様々なことで亀裂が生じ、どちらかが不公平だと思うようになり、相手に対する不満になってしまいます。話しにくいことだからこそ、しっかり最初の時点で話し合っておきましょう。

2、将来についてちゃんと話しておく

同棲するまでの決意をしたのだから、徐々に将来的なプランについても二人で話していきましょう。この辺をウヤムヤにしておくと、興味が逸れて浮気に走ったり、また、不安になったりして一緒にいるのが嫌になってしまうかもしれません。

お互いにどんな目標があるのか。どんなふうに一緒に進んでいきたいのか、結婚する気があるのか、子供は欲しいのか、などときどき話し合ってみるのが大切です。

3、相手に自分の習慣を押し付けない

人との共同生活において大事なのは妥協と理解です。自分が正しい、間違っている、と考えはあまり意味がありません。

たとえば彼氏が便座を下ろすのを忘れていたとしても、それを毎日のように注意してもお互いが気分を害するだけです。そもそもその人の習慣にないことを無理にさせようとするのはとても大変なことです。些細なことで相手を咎めるのが当たり前にならないように気をつけ、ときには見逃してあげましょう。

4、娯楽の時間をしっかり作る

最初はあんなに楽しかったのにいつのまにか恋人がただの同居人になってしまった、というのはよくある話です。ただ、一緒に生活しているだけにならないためにも、しっかり二人で楽しむ時間を作りましょう。家にいるだけでは刺激もなくなり、やることも限られます。

マンネリに陥らないためにも積極的に二人の「イベント」を企画しましょう。街にでかける、買い物に行く、映画に行く、外食する、旅行するなど活動的になることを心がけましょう。

5、自分の時間も大切にする

同棲しているからといってなんでもかんでも一緒にやらないといけないわけではありません。ときには友達だけで出かけるのもいいし、彼氏彼女抜きで家族に会いに行くのもいいでしょう。相手がいない時間を過ごすことで、リフレッシュにもなり、相手の大切さにも気づきます。

6、相手を許すことを覚える

相手の欠点を責めることより、相手を許すことに力を注ぎましょう。相手もあなたも決して完璧な人間ではありません。ときに暴言もはくでしょう。

嘘を付くこともあるでしょう。何度言っても約束を守ってくれないかもしれません。しかしそんなときにも、もしあなたがまだ一緒に生活していきたいという気持ちがあるなら、許してあげる寛容がなくては関係は続けれません。知らず知らずのうちに相手もあなたのことを何度も許しているのです。

7、好きだから一緒にいることを忘れない

日々のルーティンに追われていると、お互いが好きで一緒にいることを忘れがちになります。また、一緒に住んでいるにも関わらず、顔を合わせるのは寝るときだけ、なんてことに陥ることもあります。

そんなときはできる限るお互いに時間を作るようにして、一緒にいるときには携帯やTVなどを切って、二人でゆっくり会話をする時間を作りましょう。お互いに無関心になるのが一番良くないです。好きだから一緒に住んでいることをときどき自分に言い聞かせるのも大事です。