女性を食事に誘う男性心理 デートかどうかを判断するには

この記事は 約3 分で読めます。

dinner

男性と1対1で食事に行くことになった。でもこれってデートなの? それともただの食事? そんなふうに困惑したことはありませんか。男性が女性をディナーに誘うときの心理を突き止めるにはいくつかのポイントを注意して見るべきです。そのポイントとは一体?

食事に誘ってきた男性の心理を見抜く方法

1、レストランを予約している

何を食べるか、どのレストランにするかぐらいは事前に決めていても普通ですがもしわざわざ予約まで入れているようなら、彼の気合の入れようは相当なはずです。

逆に待ち合わせしてから、「どこ行こうか?」、「なに食べようか」という流れの場合は本気度やデートの可能性は低くなります。

2、食事中、あなたをやたらと褒める

食事中、彼がなにかとあなたにお世辞を述べ、あなたの気分を良くしようと努力している場合は彼はデートのつもりでその食事に臨んでいるはずです。

人によってはお世辞ではなく、あなたを笑わせようと頑張る人もいます。いずれにしろあなたをできるだけハッピーにさせようといった意図を感じることが大切です。

3、綺麗な格好で来た

あなたとの時間を特別視している男性はディナーのときにもばっちり決めてくるか、普段よりも少しだけ綺麗な服を選ぶはずです。

もしいつも被ってる汚いキャップを被り、よれよれのシャツで来るようなら、ただの一回の食事に過ぎないのかもしれません。

4、プライベートな話ばかりをする

あなたの恋愛観、人生哲学、友人関係、家族、恋人などプライベートなことばかりを聞くようならデートの可能性が高いです。

逆に仕事の話ばかりをしたり、食事中にも仕事の電話を取ったり、メールを送っていたりしたら可能性はぐっと低くなります。

5、タクシーで家まで送り届ける

食事の後、まだ電車があるのに相手がタクシーであなたの家まで送り届けてくれるぐらい優しいときはデートと見ても間違いないでしょう。

あなたと同じ車内にいられるだけで男性はきっと嬉しいはずです。そしてできるだけ長い時間一緒にいたいから遠回りしてまであなたの家まで付いて行くのです。

6、家に着いた頃にメールをしてくる

食事が終わり、家に着いた頃を見計らって男性が「今日は来てくれてありがとう」といったメールをしてくる場合は、その食事がデートだったことを意味している可能性が高いです。

食事をごちそうになり、あなたが最初に感謝を伝えるメールをした場合は、相手の返事に注目しましょう。あまりにも固い文章の場合は社交辞令という可能性もあります。