男性の浮気を見破る方法10通り

man-texting

なんか最近、彼氏の様子が変。もしかして浮気している? それともただの私の気のせい? 考えれば考えるほど、怪しく思えてくるけど、実際はどうなのだろう? そんな女性は次の項目をチェックしてみましょう。当てはまる項目が多い場合は彼氏が浮気している可能性が高いです。

男が浮気しているときにする10の行動

1、一緒にいるときに携帯をマナーモードにしている。

携帯にメールが届いたとき、電話がかかったときのためにあなたに気づかれないために常にマナーモードにしている場合は怪しいです。一度や二度ならまだしも会うたびにそれが続く場合は疑ってかかりましょう。

2、携帯につながらないことが多い

電源がオフになっていた、電波が届かないところにいた、あるいはバッテリーが切れていたなどの言い訳を彼氏がよく使うようになってきたら要注意です。

あなたのことを一番に考えているときは、すぐに折り返し電話するはずです。それがない場合はほかの人に気持ちが向いている可能性が大です。

3、女友達が増えている。

「ただの友達」 などといって女友達と遊びに行くことが多くなってきたとしたら、彼の行動に注意を払うべきです。もともと女友達が多い人はまだしも、最近になって急に増えたという人はそれがただの友達ではない可能性が高いです。

4、ドタキャンが増えた。

昔は全然なかったのに、最近になって急に約束をすっぽかすことが増えたという場合は、あなたとの約束の日にほかの女性と会っている可能性があります。

あなたのことが好きならあなたに会うことを最優先させるはずです。ドタキャンするということは、それ以上大事なことがあるということです。

5、メールをすぐに返信しなくなった。

数分後には必ず返信が来ていたメールも今では翌日になってもこないことがある。そんなときはあなたに対する愛情が薄れたのかもしれません。そのくせ一緒にいるときは携帯で誰かによくメールをしていたりしたら、かなり怪しいです。

6、嘘が多くなった。

人は一度嘘をつくと、その嘘をほかの嘘で補おうとするため、些細なことでも嘘をつくようになります。もし彼氏がつまらないことで嘘をつくようになったら、その嘘の奥に隠された心理を探ってみましょう。もしかすると、いろいろなことが分かるかもしれません。

7、残業が多くなった。

「残業」はデートの約束をキャンセルしたり、遅刻の言い訳にもってこいです。その言い訳をよく使うようになったら、注意が必要です。

もちろん仕事は大事で、優先にするのは普通ですが、昔は仕事も早く終わらせてあなたに会いに飛んで行っていたのに、今では仕事が最優先になったという場合は、なにかしたら変化が彼の中であったということでしょう。

8、一緒にいても早く帰るようになった。

家に泊まっていくこともなくなったし、明日仕事で早く起きるからなどといって終電よりもぜんぜん早く帰るようになった。

そんなときはもしかすると、あなたの後に別の女性と会っている可能性があります。あまりにも早く帰ろうとする場合は、思い切って問いただしてみるのも一つの手です。

9、 目を見て話さなくなった。

会話をしていてもいつも下を見ていて、全然自分の目を見てくれない。そんなときは彼氏がなにかしらの後ろめたさを感じているはずです。

「なんで私の目を見てくれないの?」と直接言ってみて、相手の反応を伺ってみるのもいいかもしれません。

10、キスしてくれなくなった。

昔は情熱的だった彼が今ではすっかりボディータッチをしてくれなくなった。手もつないでくれなければ、キスもちゃんとしれない。

あるいはしてもチュっと軽いキスだけ。なんかごまかされているような気持ちになったら、「まさか浮気してないよね?」とストレートに聞いてみるしかないかもしれません。あるいは、「私のこともう好きじゃないの?」と彼の心境を尋ねてみましょう。

まとめ

これらの行動に当てはまったとしても場合によっては男性の気まぐれな行動であることもあります。浮気をしているかどうかは証拠がない限り、確信を持つのは難しいでしょう。

もし本気で気になっていて、そのことが頭から離れない場合は、一度プロの探偵に相談してみましょう。物事をすっきりさせたい、彼との関係を見直したい人にはいい機会になるので、まずは無料で相談してみてください。
プロに相談する