元カレと復縁したい人がやってはいけない5つのこと

getback

大好きな彼氏と別れてしまった。けれども彼のことがどうしても忘れられない。できることならまた一緒になりたい、と思っている女性がよく陥りがちな状況があります。そんな女性たちのために、元カレとの復縁を望むからこそ、ぐっと我慢しなければいけないことをまとめてみました。

スポンサーリンク

元カレと復縁するにはこれをやってはダメ

1、毎日のようにメールをする。

最近別れたばかりだけど、喧嘩したわけじゃないし、友達のままでいる、ということにしたから、いまだに毎日のように彼にメールをしている。でも彼は返事をしたり、しなかったり。こんな状況に陥ってませんか。

自分のことを忘れてもらいたくない、という気持ちから彼の注意をひこうとすればするほど、疎ましく思われるのは明らかです。どんなに復縁を願っていても、別れたときは少し時間を置くことが大切です。

2、復縁を懇願したり、可哀想な女を演じる。

自分が一人でどれだけ悲しいんでいるか、どれだけ彼のことが必要かをこの時期に言ったところで逆効果にしかなりません。それが上手くいくなら、そもそも別れたりはしないはずです。

元カレがたとえあなたと復縁することがあっても、それは決してあなたに憐れみを感じたからではないのです。

3、彼の言うことを何でも聞く。

彼の言うことに全部同意し、頼まれたことは全て引き受ける。そうすれば彼が戻ってくる、というわけでもありません。あなたが復縁を望むばかりに、なんでも言うことを聞いてしまうと、彼はそこにつけ込んでこないとも限りません。すると結局最後に傷つくのは自分です。

人間としてリスペクトしてもらえないようでは、たとえ復縁したとしても長続きはしないでしょう。

4、自分の気持ちばかりで先走る。

自分がどれだけまだ元カレのことが好きか、ということをいかに伝えようと、相手がその気でなければ伝わりません。向うからまた付き合いたいな、と思わせるには、彼の気持ちを第一に考えてあげることが大切です。自分の愛の大きさで彼にプレッシャーをかけないためにも、ほどよい距離を保ちましょう。

5、元カレに新しい彼女ができたら激怒する。

自分以外の女性が元カレの前に現れたことに対して激怒し、1から4までのことを全てやってしまう、なんていう人も少なくないです。まだ自分と別れたばかりなのに他の女性と付き合うなんて信じられないと思ってしまいがちですが、ダイエットにも痩せてからすぐリバウンドが来る、という現象がありますが、恋愛で同じで、今まで当たり前にあった存在を失うと、人間はその穴を他の人で埋めようとする心理があるのです。

そのことを英語ではリバウンド・リレーションシップといいます。別れた直後、人は前の恋愛のストレスから解放されようと、新しい人と出会いたくなる、あるいは新しく出会った人がすばらしく見える、という心理が働きます。

もし元カレの新しい彼女がそれに当たる場合、遅かれ早かれその恋は終わるはずです。実はそんなときこそが一番の復縁のチャンスなのです。元カレに新しい彼女ができても気軽に相談に乗るぐらいの心構えがあれば、その女性と別れたとき、あなたと一緒に過ごした時間がどれほどすばらしいものだったかに彼が改めて気づいたりもするのです。

これで確実、女性が復縁するためのプロのサポート