男性にキスするときに女性が注意すべき5つのこと

kiss

キスのとき女の私はどうしていればいいの? いつも緊張して、汗びっしょりになる。相手に嫌がられていないか心配。そんな女性がリラックスして大切な瞬間に臨めるように注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク


女性がキスするときの5つの注意点

1、唇がカサカサしていないかどうか

カサカサの唇は相手に不快を与えると同時に、男性からすればキスをする気が失せてしまう可能性もあります。唇の荒れやかさつきはリップクリームなどで防ぎ、潤いのあるプルプルの状態を常に維持しておきましょう。男性が思わずキスしたくなるような唇にしておくのが理想です。

2、口紅を塗り過ぎてないかどうか

口紅がべっとり付くところを想像すると、男性によってはキスをするのも気が引けてしまう人がいるかもしれません。

何度もキスをしたことのある慣れている相手ならともなく、まだ一度もキスをしていない相手には、いかにもべっとり付きそうな濃い赤の口紅などは逆効果になる可能性が高いです。

3、口臭がないかどうか

キスをするときはお互いの顔を近づけるため、自ずと相手の臭いに敏感になります。そのとき不快な臭いがしたら、彼は二度とあなたにキスしたくなるでしょう。

臭いが相手に与える心理的ダメージと、精神的ダメージは計り知れません。そして一度不快な思いを脳が記憶してしまうと、それを払拭するのは大変難しいことです。大切な瞬間の前には臭いの強い食べ物は避け、口臭予防のある飴、ガム、フリスクなどを食べるか、あるいは口臭スプレーなどでなんらかの対策をするのを忘れないでおきましょう。

4、口に何も入っていないかどうか

口臭の対策のためといって飴やガムを食べている状態でキスしてしまうと、相手に気持ち悪がられる可能性もあります。

親密な関係ならまだしも、初めてのキスの相手だと、口に食べ物が入っているのを不潔に感じる人もいます。臭いだけでなく、口の中もクリーンな状態にしておくことが望ましいです。

5、棒立ちになっていないかどうか

キスをする際に緊張のあまり棒立ちになっていませんか。キスのときに膠着している女性はそれほど魅力的に映りません。

恥ずかしがるのと、固まるのは意味が違うのです。あまりにも棒のように固まっていると、相手に心配されてしまう場合もあります。ときにはリラックスして思い切り相手に身をゆだねるのも大切です。