女性が交際中にやりがちな5つのNGな行動

women

男性と付き合うことはできても、しばらくするといつも振られてしまう。思いやりを持って接しているつもりなのに、なぜか嫌われる。一体自分の何が悪いのだろう。そんな悩みを抱える女性にとっておきな情報をお届けします。

スポンサーリンク

女性が交際中にやるべきではない5つのNGな行動

1、メールしすぎる

女性にありがちなのは、彼氏のことが好きすぎて、いつも相手のことが気になってしまう。気づいたら1日何十回もメールしている、なんていうケースです。

最初のうちは楽しくても、連絡を取りすぎると、やがてあなたの存在そのものに新鮮味が失われ、あなたとの時間の価値まで下がってしまう恐れがあります。あなたの書く文章にも希少性があるとないとでは相手の受け取り方も変わってきます。ただ、「元気?」と書くだけでも、毎日書く人の「元気」と、ときどき書く人の「元気」では重みが違うのです。

2、なんでもかんでも共有する

長い付き合いならまだしも、まだ付き合ったばかりのときに、なんでもかんでもプライベートを明かしていませんか。

元彼のこと、家族のこと、自分の気持ち、誰にも言えない秘密などなど場合によっては言わないほうがいいこともあります。大事なことは少しずつ徐々に打ち明けていきましょう。

3、彼氏の前でほかの男の人に色目を使う

誰とでも気軽に話せる性格だからといって、彼氏の前でほかの異性の人と電話番号を交換したり、また彼氏をほったらかして別の人と会話に夢中になったりするのはマナー違反です。

あなたにとって意味のないことでも相手から見れば、軽率な行動と映るかもしれません。一番いいのは彼氏が自分にもし同じことをしたら、自分はどういう気持ちになるのだろうか、と相手の気持ちに立って考えてみることです。

4、自信がない言動ばかりする

私は太っている、私は可愛くないm私は頭が悪い、などそこにユーモアがあればまだ自虐ネタとして笑えるコメントも、そうでない場合はただの暗い話です。

自信のない女性は魅力に欠け、またそうした発言が目立つと相手も意気消沈してくるはずです。もちろんかといって自信過剰になれ、ということではないので注意。

5、彼に依存する

「1」もそうですが、相手に依存してしまうタイプはかなりの注意が必要です。毎日のように何度も電話をしたり、週末に彼氏と過ごせないと気分を損ねたりしていませんか。

人生でやることといえば彼と会うことだけ、それ以外のことはどうでもいい、といった強い依存性がある場合、遅かれ早かれ彼に振られるでしょう。そうならないためにも、しっかりと自分を持つことです。