あなたが結婚できない5つの原因(理由)

この記事は 約3 分で読めます。

lonely

周りの人たちは続々と結婚しているのにいつの間にか自分だけ取り残されてしまった。気が付くと結構いい年齢だし、そろそろ結婚していないやばいかも。子供も欲しいし、なんていっても独り身は寂しい。でもなんで自分は結婚できないんだろう。そんなあなたが結婚できない5つの理由を紹介します。

結婚できない人の原因トップ5

1、仕事に力を入れすぎている

人生において仕事は大切なものであることは否定できません。しかしそればかりになると、プライベートが充実せず、恋愛をするのも難しいでしょう。友人や恋人に時間を割けない人はそもそも結婚には向いていません。なにより仕事とプライベートのバランスを考えて生活することが大切です。

2、お金がない

経済的な余裕がないためなかなか結婚に踏み出せないというカップルは少なくありません。結婚式を挙げるのもお金がかかる。新居を構えるのもお金がかかる。子供を育てるのもお金がかかる。そういうことを考え出すと、永遠に大きな一歩を踏み出せないでしょう。

もちろんお金は大事ですが、二人で生活していくことで経済的にも助けあっていけるメリットはあります。子育てのためには毎月少しずつでも貯蓄をしていきましょう。二人が力を合わせていけば必ず素敵な家庭を築けるはずです。

3、独身生活に満足しきっている

一人でいるときの自由がたまらない。好きなときに好きなことができるし、夜遅くに帰ってきても誰からも咎められることもない。お金の使い道も全部自分で決められる。どちらかというと人と生活するのは煩わしい。そんな人はそもそも結婚する必要がないのかもしれません。

結婚は自由との決別だといったりもします。とにかく自由を必要としている人は、無理せず独身を貫くのも一つの選択肢です。

4、友人と遊んでいるほうが楽しい

異性よりも同性の人といるほうが気楽で居心地がいい。もちろん異性に興味はあるけど、理解するのも難しいし、色々と面倒くさい、という考えに行きついたら、結婚はおろか恋人を作るのも難しくなるでしょう。

確かに同性の友人といるのは面白いし、楽です。でもそれはお互いに責任がない関係だからの話で、同性同士でもたとえば同性愛のカップルの間にはもちろん責任が生じるうえに、色々と面倒な問題も発生し、それは異性と付き合うことと同じことなのです。

男だから、女だからという考えは捨て、人と付き合う以上はある程度の面倒なことは容認する心の準備をしておきましょう。

5、理想が高い

おそらく結婚したくてもできない人のほとんどが、理想と現実とのはざまで苦しんでいるはずです。相手の年収はいくらだとか、身長は180センチ以上だとか、職業はIT会社の社長だとか、条件を並べだすと、キリがありません。理想の人より、一緒にいて一番楽な人こそが結婚にふさわしい人です。