恋愛で絶対に断られないためのデートの誘い方とタイミング

first-date

初めてのデートに誘うときというのはなにかと緊張するもの。どう誘ったらいいのか、いつ誘ったらいいのかというのを見極めるのは難しいと思います。そこで初デートの誘い方とタイミングの判断材料まとめてみました。

デートに誘うまでの6つのステップ

1、誘う前に相手に自然にいい印象を与える努力をする。

まずは会話が一番重要。とにかく楽しく話して、相手の興味を引き出しましょう。デートは会話の延長だと思うこと。

2、友達としてではなく異性として接すること。

相手を女性として、または自分を男性として自然にアピールすることで、意識が生まれます。

3、気づかれない程度に相手を口説く。

相手をいじったり、褒めたり、冗談を言いながら、相手の興味を引き出しましょう。

4、相手の仕草や信号を読み取る。

答えの全ては相手の仕草に出ます。人間の90%のコミュニケーションは実は言葉ではなく動作や仕草によるものだとも言われています。好意を表現するときも言葉よりも体のほうが正直に反応します。

チェックすべき相手の行動

相手がプライベートな話をするかどうか。

相手がボディータッチをしてくるかどうか。

相手が会話の最中よく笑うかどうか。

相手がいじったら、いじり返してくるかどうか。

相手が自分に普段なにをしているかなどのプライベートな質問をしてくるかどうか。

5、なんとなく自分の予定を話す。

相手が自分に「4」の信号を送ってきていたら、タイミングを見計らって、自分の予定をなんとなく相手に伝えましょう。それに合わせて相手の予定も聞くことができれば、あとは誘うだけです。

6、まだ関係が微妙な場合、最初のデートは平日にすべき

相手がノリノリの場合は問題ありませんが、まだ相手の反応も微妙で友達として遊びにいくのか、異性として遊ぶのか微妙な場合は初デートは平日、それも水曜日か木曜日の夜がいいでしょう。月曜日は週の初めのためテンションが落ちているのに対し、金曜日や土日は相手に重荷になる可能性もあります。平日の夜なら短い時間でお互いの印象を判断できる最良の選択です。