彼女が欲しいのにできない男性の7つの原因(理由)

lonely

友達にはなれるのに、なかなか恋愛までには発展しない。デートはできても、付き合ってはもらえない。なぜ自分はこれほど女性にもてないのか。

そんな悩みをもった男性には次の理由が当てはまるかもしれません。これって全部自分のことだ、なんてことがないように今から改善策を練っておきましょう。

スポンサーリンク

彼女が欲しいけどできない男性にありがちな7つの傾向

1、ガツガツしすぎている

いかにも彼女を探しています。もう誰でもいいから付き合いたい、恋愛したいといった顔をしていると、女性は引いてしまう恐れがあります。

積極的に行動するというのと、ガツガツするのでは別の次元で、ガツガツしている男性というのは女性なら誰でもいいような気配すらあり、信用ができないという側面があるのです。

例え女性に飢えていたとしても、それを出さない余裕や雰囲気づくりが大切です。

2、興味のない雰囲気を出している

「1」と真逆の方向に行ってしまうと こうなります。余裕を出し過ぎたばかりに、興味までなさそうにしてしまうと、女性はあなたに冷たさを感じるかもしれません。

適度の温かみを保ちつつ、ときには相手にしっかりと興味を示すことも大事です。「1」と矛盾するようですが、何事もほどほどが理想だということです。

3、退屈すぎる

あなたといるのが退屈だと、恋愛関係だというと、友情関係だろうと、継続するのは難しいでしょう。相手に嫌われることを恐れて自分の意見をしっかり言わず、当たり障りのないことばかりを並べていると、退屈な男に成り下がってしまう危険性があります。ときには優しく、ときには厳しく、ときには反対意見も言えるような、男らしさも見せましょう。

4 野心がない

この人は一体なにがしたいのだろう。どんな人生を歩んでいきたいんだろう、といった疑問を女性に抱かせてしまうと、女性は途端にあなたといることが不安になったりします。

趣味もない、特技もない、やりたいこともないでは、女性にとって魅力的な男性に映ることは難しいでしょう。しっかりと自分のやることを持ち、明確な目標がある人は自然と輝いて見えるのです。

5、ケチ

物事を常に損得で考え、デートのときも全て割り勘にし、なんでもかんでもフィフティーフィフティーなんていう男性から女性が優しさを感じることは簡単ではありません。

お金の使い方はその人の性格や価値観が最も反映されるものの一つです。もちろん男性が全て払わなければならない義務はありませんが、ときにはプレゼントを与えたり、食事をごちそうしてあげたりすることで相手を喜ばせてあげるのは男女の付き合いではなくてはならないことです。

6、自信がない

ここぞというときに自信が出ず、言いたいことが言えない。思いが伝えきれない。気づいたら自然消滅している、といったパターンは大変もったいないです。

男性にはときには強引さも必要です。行動せずして自信は生まれません。悪い結果ばかりを想像するのではなく、行動の後にはいい結果が待っていると思えば自然と行動に移せるはずです。

7、女性を尊敬していない

女性と話しているとなにかと説教くさくなってしまう。あるいは言い合いになってしまう。言いすぎて相手を泣かしてしまう。そんな人は女性に対するリスペクトが欠如している可能性があります。

女性は男を立てるべきだ、控えめであるべきだといった考えを持っているようでは女性と対等に交際するのは難しいでしょう。まずは自分の考えを改めて、女性に敬意を払うことから始めましょう。