元カノとの復縁を成功させるための6つの方法

この記事は 約4 分で読めます。

getback

大好きな彼女と別れてしまった。付き合っているときは気づかなかったけど、いざ離れてみると、彼女の存在の大きさが分かった。後悔しても遅いことは十分承知でも、できることならよりを戻したい。そんな悩みを抱えている男性に元カノとの復縁を成功させるための方法をまとめてみました。

元カノと復縁するための6つのステップ

1、別れてからしばらくは冷却期間を置く

別れたばかりだというのはメールばかりしてしまう。ついつい元カノがどこでなにをしているのか気になってしまう、なんてときはぐっと堪える必要があります。

別れの原因はもしかすると、あなたにあるかもしれません。あるいは彼女も傷ついていたり、疲れているかもしれません。

そんなときになにを言っても、なにをやっても逆効果になるだけなので、しばらくはそっとしてあげましょう。時間を置くと改めて彼女のほうもあなたとの関係を冷静に見つめ直すはずです。目安として2週間から6週間ぐらいの時間を置くのが無難です。

2、シングルを楽しむ

たとえ悲しくても、暗くなっていては何も始まりません。今まで彼女とばかり過ごしていた時間を今度は自分のため、あるいは家族や友人のために使ってみましょう。

恋人がいない時間を思い切り楽しむことは、自分自身を見つめなおすことにもつながります。実際自分にはなにが大切で、なにが必要なのかが見えてくるはずです。

元カノとなにがなんでもよりを戻したかったとしても、趣味や友人と出掛けていくことで、新しい世界に入り、新しい人たちと出会うことで、また元カノに対する気持ちの整理をつけやすくなります。

3、自分に何が足りなかったのかを反省する

別れる前に彼女はあなたに何を言っていたのか。 彼女が逃げ場を求めていた、あるいはその合図を送っていなかったのか。なぜ彼女の気持ちは冷めたのか。こうした質問を自分自身にしたうえで、自分に一体何が足りなかったのかをよく考えましょう。

ある程度の答えを自分で見つけられなければ、たとえ復縁したところで、またダメになることは目に見えています。自分に変えられることなら、まずは変える努力をしてみましょう。

4、連絡を取る

ある程度時間も置き、気持ちの整理も付き、今なら友達のように、変な意識もせず、話ができるという精神状態までたどりついたら、何気なくまたメールや電話で連絡を取るのがいいでしょう。

ただ、そのときに「話したいことがある」、「やり直したい」などといった出方をするのではなく、カジュアルに挨拶を交わす程度からゆっくりと連絡の回数を増やしていきましょう。

焦ったり、メールや電話をし過ぎたりするとストーカー行為と取られてもおかしくありません。相手の出方を辛抱強く待って、相手が返事をよこさなくても決して怒ったり、自暴自棄になったりするのはやめましょう。

5、会う約束をする

連絡を取れるようになり、メールをしてもちゃんと返事が来るような好感触を得たら、自然な感じで会う約束を取り付けましょう。ちょうど初めてデートに誘ったときのような、あるいはもっと軽いノリで誘うのがポイントです。最初はランチやお茶をするぐらいのほうがいいでしょう。とにかく自然体で、友達のように接することに努めましょう。

6、間違いを謝り、自分の思いを伝える

もし二人が破局した原因は自分にあると思えるなら、自分の非を認めたうえで謝罪しましょう。そしてもう一度付き合いたいこと、どう自分がこれから変わっていくかの決意を表明するべきです。

そしてなにより彼女があなたにとってどれだけ大切な存在であるか、どれだけ好きかをはっきり伝えましょう。最初に告白したときのような熱意や誠意をもってすれば元カノの心も動くかもしれません。