社会人のデートは割り勘か男がおごるべきか

この記事は 約4 分で読めます。

bill

女性が社会に出ていくことが当たり前の現代で、社会人の男女がデートしたとき、会計は割り勘にすべきか、それともやっぱり男が払うべきかは切実な問題です。

その一方で相手の性格やお金に対する考え方が最も出るときが支払いの場面です。ここで間違った行動を取ってしまうと、大事なデートが台無しになってしまうので注意が必要です。デートの会計のときに大切な男女の心構えをまとめてみました。

デートの会計で男性が注意すべきこと

1、女性が「払います」というときは男性は試されてると思うべき。

女性がデートの会計のときに、お財布を出そうとしたり、払う仕草をする場合には、本気でそう思っているのか、あるいはその気がないのに相手を試すためにやっている可能性もあります。

この人はケチな人なのか、それとも寛大な人なのか。人に与えることで喜びを感じることができる人なのか、など様々な疑問が女性の頭を瞬時によぎっているはずです。

男性が払うのが当たり前という風潮は今の時代社会的には通用しないでしょう。しかしその一方で男性に払ってもらって喜ばない女性はいない、あるいは少ないはずです。

男性は会計のときにジェントルマンになるのを選ぶのか、お金を節約することを取るのか天秤にかけることになりますが、毎回払わないまでも、最初の数回のデートはおごってあげたほうが何事も物事がスムーズに運ぶはずです。

2、相手が払おうとして引き下がらないとき

女性側に試す気はなく、本気で払うといって引き下がらない場合、男性はどうするべきか。女性側に男性を試す気がないとはいえ、会計の場面で男性がどう行動するかを何かしらの判断材料にしてしまうことはあるはずです。お金は一つの社会的物差しです。

人がお金を使うときはなにかしらの価値を感じたときです。男性が女性におごるときも同じで、彼女にその価値があるかを男性は支払いのときに無意識のうちに判断しているのです。といっても男性に払う義務があるのではなく、あくまでも気持ちの問題です。

女性が払おうとして譲らないときでも、できればごちそうしてあげたいという気持ちで溢れていたら、「ここは払うから、次のとき払って」というと、奢ってもらうのが悪いと思っている女性でもすんなり受け入れてくれるはずです。

一方でもし経済的に厳しい状況にいたら、自分が多めに払って相手の女性に少し払ってもらう、ということも決して悪くないでしょう。

3、相手が全く払おうとしない場合

女性が会計のときに男性を試すのに対し、男性も女性の振舞を観察するべきです。そもそも財布を持ってきていない、会計の時になると自分だけレストランの外に出ていってしまうような女性は考えたほうがいいかもしれません。

デートの会計で女性が注意すべきこと

1、相手が年下の場合

現代では相手の男性が年下だったり、明らかに 経済力が自分より劣っている場合、女性が男性におごることもあるはずです。

しかし最初のデートやまだ付き合っていない状況のときから女性がおごってしまうのは少し不自然かもしれません。いくら経済力がない男性だとしても相手がおごると言ってきた場合は素直におごってもらったほうが物事がスムーズに行くこともあるはずです。

もちろん高い安いにかかわらず、払ったもらったことに対してはしっかり感謝を表しましょう。それは自分が自立して払える立場にあっても同じことです。

2、いつも男性が払おうとする場合

男性が毎回払ってくれる場合でも、決してそれを当たり前だと思うのはやめましょう。いくらお金を持っている男性でも一生懸命働いたお金であなたに食事を食べさせてあげていることは決して忘れてはいけません。感謝の気持ちを表すためにも、向こうが数回払ってくれたら、次は私が払います、といった姿勢を見せることが大切です。

なにもおごってもらった同じ金額をおごり返す必要はありません。大切なのは自分のできる方法でお返しすることです。どうしても女性に払わせたくないという男性には、デートの際になにかお土産を買っていってあげて、帰り際に渡すのもいいでしょう。

3、割り勘にする男性の場合

年齢も自分より上で、経済力もあるのに最初のデート代も割り勘にする男性は、おそらくあなたにそれほど魅力を感じていないはずです。

男性はデートのときや付き合う前には必ずといってほど見栄をはる生き物です。最初のうちからそれをしないということは、男性とあなたのパワーバランスが不均等であるといえるかもしれません。

あなたが相手にぞっこんで一方的に片思いをしている場合などがそれに当たります。もちろん払いたくても、生活が苦しくて払えないという男性も中にはいますが、もしそれに当てはまらない場合は、あまり恋の発展に期待ができないでしょう。