彼氏と喧嘩したときに謝る方法5つ

ayamaru

彼氏とケンカしてしまった。それも明らかに悪いのは自分。なんとかして 謝罪したい。でもなんて言っていいのか、どう謝ればいいのか分からない。そんなときにできるだけ彼氏を傷つけないように、怒らせないようにする5つの謝罪方法をまとめてみました。

彼氏を傷つけてしまったときの5つの謝罪方法

1、後悔の気持ちを伝える

相手を傷つけた、あるいは怒らせてしまった自分の行動に自分自身後悔していることを正直に打ち明けましょう。なにより大切なのは誠意です。

相手を傷つけるつもりはなかった、怒らせるつもりはなかったことをストレートに表現するのが一番です。また、ただ謝るのではなく、なんで謝っているのか、なんで自分が悪いのかを明確に伝えましょう。

2、許しを請う

自分がしたことに対して言い訳をするのではなく、素直に謝ったうえで許しを請うのが先決です。その際に自分も彼を許したことがある、彼もミスを犯したことがあるなど、相手を非難するような話をするのはやめましょう。あくまでも自分が悪かったことを伝えるのが目的です。

3、相手の立場に立ってあげる

自分がしたこと、言ったことを相手にもしされたら、私だったらこんな気持ちになっている、こんなふうに傷ついている、という気持ちを伝えたうえで、そんなことをしてしまった自分の非を認めつつ、そんなつもりはなかったことを強調しましょう。

逆になぜそこまで傷ついてるのか理解できない、そんなに怒ることではない、などと言うと相手の怒りは増すばかりなので気を付けましょう。

4、お返しになにかをする

例えば相手の大事なものを失くしてしまった、うっかり捨ててしまったとしたら、それをまた買ってあげましょう。怒りの矛先が物質的なものじゃないときは、なにか彼の気持ちが晴れるようなことをしてあげましょう。

彼の好きな料理を作ってあげるのもいいし、好きなレストランをごちそうしてあげるのもいいでしょう。もちろんお金を使うだけが、お返しではありませんが、大切なのは口で謝るだけではなく、行動で誠意を示すことです。

5、自分が好きだという気持ちを伝える

なにより大切なのは彼氏のことが好きかどうかということです。謝りたい気持ちがあるのは相手のことが大切だからです。それならその気持ちをしっかり相手に伝えてあげましょう。

その部分が抜けているとただ謝るだけでは、気持ちが伝わらないことがあります。自分がまだまだ彼のことが好きで一緒にいたいんだ、ということを前提に話せば彼もきっと許してくれることでしょう