彼氏彼女と別れ話をする前に自問すべき質問9つ

breakup

恋人と別れたい。でも別れていいのだろうかという気持ちもある。別れ話を切り出したら後悔してしまうかも。そんな状況のときは自分の気持ちに整理がついていない証拠です。

一時的な感情で別れてしまって、大事な人を失わないためにも、別れ話をする前に自問すべきことをまとめておきました。

彼氏彼女と別れたいと思っている人が自分に問うべき9つのこと

1、自分は一時的に怒っているだけなのかどうか

なにより関係に終止符を打つ前に、相手と別れるのに相応しい理由があるのかどうかを知るのが大切です。喧嘩をしたときなどに衝動的に関係を終わらせてしまうようなことがないように、冷静に自分の気持ちと相手を見極める必要があります。

もし相手に対してなんらかの怒りがある場合は、すぐに決断するのではなく、冷静に考えられるようになるまで決断を少し先延ばしにしてみましょう。人は強いストレスを感じているときはそこから解放されようといった行動をしてしまいがちなので、一時的な感情で動くのだけはやめましょう。

2、そもそも上手く行く関係なのかどうか

自分は相手との関係を上手く行かせたいのか、というのは重要な要素です。自分にその意思がなければ不満が募るばかりです。相手にその気があるかどうかも考えてみる必要があります。

また、明らかに価値観、方向性、人生観が違うという人とは良好な関係を継続するのは難しいでしょう。

3、結論を急ごうとしていないか

困難にぶつかると人は安易な選択肢を選びがちです。相手と上手くいっているときはバラ色でも、喧嘩が増えてくるとお互いが理解できないことに苦しさや悲しさを感じます。

しかしそこですぐにこの人とは無理だ、などという結論を出してしまうと、いざ別れても、また次の関係でも同じことを繰り返すことになるでしょう。相手があなたのことを知るのにも時間はかかりますし、その逆もまた同じです。

4、自分の欲求、不満をしっかり伝えたかどうか

人によっては自分だけで不満や悩みを抱えたまま突然別れを切り出すタイプもいます。しかしこれほど相手にとって不公平なことはありません。もし二人の関係に対して、なにか引っかかっていることがあるなら、それをしっかり相手に伝えるべきです。

それに対して相手が改善する努力をするのか、それとも逆上するだけなのか、といった相手の出方も見るべきです。また、自分の言いたいことを伝えるだけでなく、相手の言い分もしっかり聞いてあげましょう。

5、別れた後、自分の生活はどう変わるか

相手と同棲していても、あるいは別々に住んでいる場合でも別れたことで生活のリズムになんらかの変化が訪れます。

それに対しての準備ができているかどうかを考える必要があります。同棲している場合は、次に住むところがあるのかどうか。していない場合でも、相手のいない新しいルーティーンの中で自分が今より幸せになれるかどうかを想像してみましょう。

6、後悔するかどうか

別れたいとは思いつつ、自分を引き留めるなにかがある、なんていうときはすでに後悔が始まっているのかもしれません。少しでも後悔があるのはまだ気持ちが残っている証拠です。自分の胸に手を当てて、自分の本心を聞いてみましょう。

その一方で「後悔」と「憐憫」は意味が違うということを知っておきましょう。人を傷つけてしまうのは誰にとってもいい気持ちはしません。別れると相手が可哀想だ、という気持ちはある程度はしょうがないことです。

それに対して「後悔」は、本当はいい結果が生まれるはずだったものを、自ら手放してしまった、失敗してしまった、間違った選択をしてしまったことに対する感情です。後悔があると、次の関係にも悪影響が及ぶので何度も自問するように心がけましょう。

7、別れを切り出すことで駆け引きしてる自分がいるかどうか

相手に自分の欲求を飲んでもらうために、別れを切り出す人もいます。相手が自分にぞっこんであることをいいことに、自分の思い通りにならないと、すぐに別れ話を持ち出すのは厳禁です。

そうすることで得られるものはなにもありません。二人の距離が近づくこともないでしょう。相手の感情を弄んでいると、いつか向うから別れを切り出してくるでしょう。そのとき後悔するのは自分かもしれません。

8、他人の意見で決めていないかどうか

友人、家族に恋人とのことを相談すると、別れたほうがいい、と言われた。そう言われると、自分でもだんだん別れたほうがいいような気がしてきた、なんていう場合は注意が必要です。

恋人と付き合っているのはあなたであって、あなたの友達でも家族でもありません。あなたの友達や家族はあなたの一方的な意見と話しか聞いていないため、本来適格なアドバイスなんてできるはずがないのです。別れるにしても、別れないにしても自分で決断することが大切です。

9、最大限の努力をしたかどうか

自分は相手を幸せにするためにできる限りのことを尽くしたのかどうか今一度考えてみましょう。相手に自分の要求ばかり押し付けていなかったか。ちゃんと相手の望みに自分は応えようとしたのか。もしベストを尽くしても、それでも上手くいかない、あるいは改善の余地がないという場合は別れるべきかもしれません。

それに対し、自分は相手を幸せにするために特になにもしていないのに、ただ、不満に思っているのなら自分の責任である可能性が高いです。