あなたが好きな人に告白しても振られる理由3つ

大好きな人に告白したい。来る日も来る日もあの人のことを考えている。できれば今すぐこの気持ちを伝えたい、という人は今一度自分にブレークをかけたほうがいいかもしれません。その告白、ただの自己満足じゃありませんか?

スポンサーリンク

1、告白するのが目的になったらダメ

誰かのことが好きで好きで仕方がないときは、多くの場合周りが見えない状態に陥っています。そんなときこそ「告白のゴール」を見失いがちな人が多いです。

告白のゴールとはすなわち好きな人をゲットすることです。自分の気持ちを伝え、相手を自分に振り向かせる。そして交際をスタートさせるのが最終目的なはずです。

しかしながら多くの人は、告白することに重きを置いて、相手の気持ちはいざ知らず、とにかく自分の気持ちを伝えたいといった自分勝手な行動に走ります。

おそらく相手が自分から告白されたがっているかどうかなどについてはこれっぽちも考えないでしょう。むしろ何事もやって見なければ分からない。告白すればもしかしたら数%ぐらいはチャンスがあるかもしれない、などと思っているのではないでしょうか。

そんなことではまず上手くいかないでしょう。なぜなら多くの場合、告白する前の段階ですでに勝敗は決まっているからです。

2、関係性ができていないのに告白しても上手く行かない

そもそも告白のタイミングを間違っているようでは上手くいくものも上手くいきません。多くの人がなぜか大した関係性を築いていない前にフライングして告白してしまいます。それでは断ってくれと言っているようなものです。

どこの誰かも分からないような人がいきなり好きだと言ってきたらあなたはどう思いますか? まず、警戒するでしょうし、自分のことをろくに知らないのになんで好きだとか言えるのだろうと不審に思うかもしれません。

もっと極端な話をすると、道端で急に異性に話しかけられ、好きですなどと告白されたらどうですか? よっぽどタイプの人だったら話ぐらいは聞くかもしれませんが、ほとんど場合はスルーするでしょう。

そもそも相手はあなたのことを知らないし、何の関係性も築けていないからです。知らない人にいきなりプロポーズしても上手くいかないように、大して友達でもなければ、二人で遊びに行くような関係でもないのに告白したところでまずその恋は実りません。

もしお目当ての人と連絡先も交換できず、友達にもなれなければ、二人だけで食事にもいけないようなら、そもそも告白するステージにも立てていないのです。

3、告白は最後の一押しのときのみするべき

ではどんなときに告白するべきかというと、最後のワンプッシュのときです。気が付いたらいつも一緒にいる。相手は自分といるときはとても楽しそうにしている。

電話で話すときも多いし、メッセージも毎日のようにする。間違いなく自分のことが好きに違いない。もうこれ以上友達でいる意味が分からない、というときにこそ告白が功を奏するのです。

それでも100%成功するとは限りません。しかしこの段階に来る前にフライングするよりは確率は数倍高くなるでしょう。

逆に言えば、この段階にまで関係性を築けないようでは告白は大抵自己満足に終わり、大好きな相手と付き合うのは夢のまた夢となって消えていくのです。