男性を興ざめさせる嫌われやすい女性のタイプと特徴

この記事は 約5 分で読めます。

mandontlikewomen

いつも男性とはいい感じにはなるのに、いざ付き合い始めるとすぐに振られてしまう。これってもしかして私に問題があるってこと? そんな悩みを持っている人は気を付けたほうがいいかもしれません。もしかして男性と付き合っているとき、あるいは付き合い始めのときあなたはこんなことをしていませんか。

男性を冷めさせる女性の行動

1、最初に優しくて、付き合いだすと態度を変える

付き合う前は喋り方も丁寧で優しかったのに、いざ付き合いだすと、目つきや声のトーンまですっかり変わってしまう。あの甘い時間は一体なんだったのか。男性をそんな気持ちにさせるような態度を取っていたら気を付けるべきです。

かといって自分を偽って交際するべきだというのではなく、付き合う前に好印象を与えようとするばかりに、必要以上にぶりっ子をしてしまったり、なんでもやってあげたりすると、付き合いだしてからなんらかのギャップが生じるので、できるだけ最初から自然体で接するようにしましょう。

2、相手にスペースを与えない

交際しているからといって、あなたの彼氏はあなたの所有物ではありません。彼には彼の生活があり、ときには一人でいる時間や友達と過ごす時間が必要です。

そういった相手の時間、スペースを尊重し、束縛するのを避けましょう。電話、メールなどを頻繁にしすぎるのも注意が必要です。また、相手の返事がないときや遅いときもそれを咎めるようなことは絶対にやめましょう。

3、多くを求めすぎる

相手の男性からあまりにも多くのものを求めすぎると彼は早かれ遅かれあなたのもとを去ってしまうでしょう。なによりも大事なのは一緒にいること。それを忘れてはいけません。

高級なレストランで食事がしたい、ブランドもののプレゼントが欲しい、旅行に連れていって欲しい、などあなたの望みを挙げていけばキリはありません。彼がしてくれないことに苛立つより、してくれることに感謝をするように心がけましょう。

4、自分の意見をはっきり言わない

男性は女性の気持ちを読み取るのがあまり上手ではありません。繊細な一面を持つ一方でとても鈍感な部分も持ち合わせています。そのためあなたの気持ちをはっきりと相手に伝えることが大切です。

嫌なことは嫌、好きなことは好き、嬉しいときは素直に表現しましょう。もちろん自分の意見ばかりを押し付けるのはご法度です。相手の意見も尊重しつつ、「私はこう思う」、「こうしたほうがよくない?」などと言い方にも気を付けましょう。

5、他の男性の話ばかりする

今の彼氏の前で、元カレの話や、最近知り合った男性、ナンパされた話などをしていませんか。もししているようならやめるべきです。

相手の注意をひくために自分がどれだけモテる女かをアピールするのは男性を冷めさせる大きな要因です。また、そういう話ばかりしていることで貞操観念を疑われる原因にもなりかねません。

6、ドラマの主役になろうとする

構ってもらいたくて、何かと自分を話題の中心に置いたり、物事が自分の思い通りにいかないと喚き散らしたり、泣いたりして注意をひこうとしていませんか。ときには男性の目には「困ったちゃん」が可愛く見える場合もあるでしょう。

しかしその気持ちは決して長続きしません。男性はあなたにドラマの主役を担ってもらいたいのではなく、良きパートナーになってもらいたいのです。

7、相手に厳しくする

理想の男性像を求めるばかりに、相手に厳しくしたり、冷たくしても男性のプライドを傷つけるだけです。もちろんときには喧嘩になって相手のことを責めるような場面もあるでしょう。そんなときも言い方や接し方には十分注意が必要です。

また、男性のダメなところばかりを指摘したり、ガサツさやだらしないところをいつも注意ばかりしていると、男性はそれに疲れてストレスを感じ、窮屈な思いになるはずです。普段から彼氏の悪いところではなく、できるだけいいところを見るような癖をつけましょう。

8、男性と張り合う

彼氏といるとき、挑戦的な態度を取ったりする、あるいは自分のほうができる、自分のほうが賢いと思われたい、といった傾向がある場合はかなりの注意が必要です。平等に扱われたいと思うばかりに、負けたくない、という気持ちが強まり、二人の中で力関係を争うようだとその関係はまず長続きしないでしょう。

物事には男性が得意なことと、女性が得意なことがあり、交際は相手との勝負ではありません。自分ができないことを相手に助けてもらう一方で、相手にできないことは自分が補ってあげましょう。彼に対してコンプレックスを感じる必要もないし、優越感に浸るのもおかしなことです。

9、浮気をする

浮気をするようなら問題外です。浮気をする女性に見られがちな傾向として、常に構ってもらいたい、寂しがり屋で一人でいられない、男性によってじゃないと自分の存在価値が証明できない、といったタイプが多いです。

また、相手のことを考えずに、自分の中で「浮気」の定義をどんどん広げていってしまい、男性と食事するぐらいならなんでもない、映画に行くのも別に問題ない、飲みに行くのも別に悪いことじゃない、といったように徐々に抵抗がなくなっていき、歯止めがきかなくなることが多々あります。

彼氏がなにも言わなくても、相手にやられて嫌なことは自分もしないようにしましょう。また、相手に浮気の疑いを持たせてしまうような行動も慎むべきです。