こんな女は危険!結婚するのはやめたほうがいい女のタイプ6つ

世の中には結婚に向いている人とそうでない人がいます。もしあなたが結婚に向いていない女性と運悪く結ばれてしまったら、後々地獄を見るかもしれません。では結婚しないほうがいい女性のタイプとは一体どんな人のことを言うのでしょうか。まとめてみました。

スポンサーリンク

1、利用タイプ

男性を利用して、自分の好きなことをしようとするタイプの女性には要注意です。ただ、こういう女性は大抵付き合っているときから、何かと利用してくるので比較的簡単に見分けることが可能です。

しかし恋愛に夢中になっているときは利用されていることを冷静に理解できない場合もあるから気をつけないといけません。

利用タイプの女性は基本的に他人が自分に何かしてくれるのが当然だと思っているふしがあり、自分で努力することを嫌います。

欲しいものも自分で手に入れるのではなく、他人に手に入れてもらう。そういう姿勢は自ずと言動に表れるので、少しでも気になったら、結婚は考えたほうがいいかもしれません。

2、依存タイプ

依存することで安心を得ようとする女性は少なくないです。しかし常に男の人といないと寂しくなってどうしようもなくなる女性と一緒に暮らすのはかなり大変なことです。

仕事中に電話やメールが来るのは当たり前。忙しくて一緒に食事ができない日でもあろうものなら、それだけで気分を損ねたりするのがこのタイプの女性です。

何よりも孤独を嫌うせいか浮気に走る可能性が高いのも実は依存タイプです。自分に注意を向いていないと存在意義を見失ってしまう弱さがあるため、旦那の注意が自分に向かないと分かった途端ほかの人でそれを補おうとするからです。

結婚するなら精神的に自立した女性を探しましょう。

3、無気力タイプ

人生において目的や目標を何も持たず、生活できればいいや、というタイプの女性は男性のモチベーションを下げるリスクがあります。

そういうタイプは仕事をしてもすぐに辞めてしまい、趣味を始めても続かず、何もせずに家でスマホをいじったり、テレビを見たりするのが一番好きだったりします。

何事にも強いやる気を持たないため、自らから進んで行動を起こすことがなく、常に受身の状態で生活します。あなたも同じタイプならまだ我慢できるかもしれませんが、できればステップアップしていきたい。よりいい生活をしたいと望んでいる人には無気力で、向上心のない女性はおすすめできません。

4、面倒臭がりタイプ

面倒臭がりの女性と結婚したら、家がどんな状態になるかは想像に難しくないでしょう。部屋は散らかり放題。水周りは汚れ放題。そのうち身なりにもこだわらなくなり、体型は崩れ、ヨレヨレの服を着るようになるかもしれません。

面倒臭がりタイプの女性には規律、自制、節制といった言葉が存在しないので、色んな意味で劣化するが早いのもこのタイプです。

最初の頃はちゃんと料理を作ってくれても、本性が出ると手抜きの料理になるか、あるいは買ってきたもので済ませるようになるでしょう。下手したら週2,3回はファーストフードの持ち帰りか、ファミレスでの食事を強要されるかもしれません。

そんな目に遭わないためにも何事も意欲的にやる女性を見つけましょう。

5、遊び好きタイプ

性別を問わず、友達と遊びに行くのが大好きという女性は要注意です。結婚に不向きというより、このタイプはまだ結婚する段階にいない可能性が高いからです。

まだまだ遊び足りない。旅行がしたい。飲み歩きたい。夜遊びがしたい、といった人と夫婦の時間、家族の時間を確保するのは至難の業です。

この手のタイプは束縛されることを何よりも嫌います。かといって自由にしたら、それこそ朝帰りが続き、すれ違いの夫婦生活になることは免れないでしょう。

当然夜遊びを重ねていたら浮気や不倫に走る可能性も高くなります。結婚するなら家族を優先する人と結婚しましょう。

6、気まぐれタイプ

女性の気分のアップダウンの激しさは、男性が最も苦戦することの一つでしょう。すぐにキレたり、イラついたり、ヘソを曲げてしまうタイプの女性と付き合っていくのは何かとストレスが溜まります。

さっきまで上機嫌だったのに、急に無視を決め込んだり、大声でわめいたり、泣き出したり、女性と暮らしていればそうした出来事に出くわすことが少なからずあるはずです。

こればかりはホルモンの関係もあるのでしょうがないといえばしょうがないことですがどうせならできるだけ温厚な人といるほうが幸せな生活が送れることは言うまでもありません。

気まぐれタイプに限っていいときはとても優しさかったり、明るかったりするので、そのギャップに悩まされるでしょう。

人間なので悪いときがあるのは普通ですが、問題はその頻度です。あまりにも気持ちのアップダウンの波が激しいようなら、苦労が目に見えているので、結婚は考えるべきです。