あなたの彼女彼氏が絶対に謝らない5つの理由

自分が悪いときでも決して謝ろうとしない恋人にイライラする。それが原因で喧嘩になることも多い、という人は次のことを理解すると、謝らない人の心理が分かるはずです。

親が子供に一番最初に教える礼儀のひとつが「ごめんなさい」じゃないでしょうか。悪いことをしたら謝るというのがそれぐらい人間社会において大切なことです。

しかしながら大人になると、それを忘れて謝ることに強い抵抗を覚えていく人がいます。特に男女関係の間では極力謝罪をするのを避けたりするものです。

謝ることを知らない人でも、人ごみで見知らぬ人とぶつかったら素直に「ごめんなさい」と言えたりします。それなのに恋人には素直になれない心理とは一体なんなのでしょうか。

スポンサーリンク

1、悪いことをしたと自分で認めるのが怖いから

謝らない人の多くが悪いことをしたことを認めることに強い反発を覚える傾向にあります。間違えを犯すのは悪い人間だ、自己中心的な人間だ、思いやりがない人間だ、馬鹿な人間だ、といった考えにつながり、自分がそれに当てはまることが耐えられないのです。

それは自信やアイデンティティーの問題ともいえます。謝らない人にとって謝罪というのは自身の人格を脅かすほどのことなのです。

2、謝ることは恥ずかしいと思っているから

自分の非を認めることは恥ずべきことだと思っている人も少なくありません。そういう人は目の前の問題を解決することや自分が犯した過ちについて考えようとはしません。

あくまでも自分が恥をかかないようにすることが大切なのです。それだけ恥は自身のプライドや尊厳にとっては脅威となりうる感情で、謝らない人にとっては謝罪=敗北ともいえるのです。

3、謝ると、もっと非難されると思っているから

謝罪は衝突や関係の悪化を避ける解決手段として有効ですが、謝らない人にとっては物事の解説よりも、謝ったことで自分がさらに責められることのほうが耐え難かったりします。

つまり相手に付け入る隙を与えないために自然と自己防衛本能が働き、謝罪を避けようとするのです。もしかすると過去にそういった苦い経験をしたうえで学習したのかもしれません。

また、あなたが日ごろから彼氏、彼女を責めてばかりいるから、必死で自分を守ろうとしている可能性もあります。

4、謝ると、全部自分の責任になると思っているから

自分が悪いとは思いつつも、必要以上の責任をかぶせられることを避けるために謝らない人もいます。あるいは謝ることはすなわち相手を肯定し、自分を全否定することだと勘違いしていることもあります。

カップルがある問題に対して議論するとき、どちらかが100%悪いことはありません。あくまでも二人の問題であって、二人で解決していかないといけないことは言うまでもないでしょう。

しかしそのことに気づかず、どちらが悪いということにこだわる人は謝罪するのを極力嫌うのです。

5、謝らないことで感情をコントロールしようとしているから

人によっては謝らないことで自分の感情を保とうとする人もいます。何かに対して怒っているとき、イライラしているとき、不満があるときに謝ってしまうと、まるでそれらの感情が行き場を失ってしまう、と思うからです。特に自分の感情を上手く表現できないタイプに多いです。

他人との間に衝突が起こると、自分の殻に閉じこもってしまうような人は、感情のガードを下げることで悲しさや怒りが一気に押し寄せてくるといった強迫観念を持つ傾向にあり、なかなか謝ることができないのです。

まとめ

いずれの理由もその人の心理的な葛藤と弱さが原因であることが分かれば謝らない恋人に対しての見方も変わるはずです。

謝らない人にあなたができる簡単なことは、相手を攻撃する意図がないことをまず最初に伝えてあげることじゃないでしょうか。