彼氏彼女の冷めた気持ちを復活させる3つの方法

couple-168191_640

あんなに愛し合っていたのがまるで嘘のように相手、または自分の気持ちが沈んでしまった。こうなったらもう別れるしかないのだろうか? なんて悩んでいる人に冷めた気持ちを修復する3つの方法を紹介します。

誰だって一人のパートナーと長い間時間を過ごしていれば気持ちの浮き沈みを経験します。その度に破局し、また新しい相手を探す、というのも一つの手ですが、それでは人間的に大きな成長は望めませんし、誰と付き合っても上手くいかないでしょう。アップダウンも経験しつつ、それを乗り越えたときこそ本当の愛や固い絆を感じることができるはずです。もう一度相手に対する思いやりと感謝、そして愛する気持ちを取り戻すために誰もができる簡単な方法はおおよそ次の通りです。

スポンサーリンク

1、昔のロマンスを繰り返すのではなく、スリルを一緒に探す

なんとか気持ちを取り戻そうとしてカップルがよくやりがちなミスは昔行ったデートスポットに再び行ったりして、過去に一度経験した同じロマンチックさを演出しようとすることです。そのときと今では関係性も大分変わっているはずなので、懐かしさは感じることはできても、愛を取り戻すことは難しいでしょう。

それよりもまだ経験したことのない、スリルが味わえるようなワクワクすることを考えましょう。いつも行かないような場所にあえて足を運んでみたり、海外に行ってみるなど、なんらかの非日常を経験する必要があります。安定は度を過ぎると、退屈に変わり、苦しみなります。ときには興奮や不安を覚えるほどの冒険をしてみると、眠っていた感情が目覚めるかもしれません。

2、一緒に目標を掲げ、何かに挑戦する

困難な目標に一緒に立ち向かっていくような状況を作ると、考えることも忘れて必死で突き進むはずです。愛が冷めたという状況は、逆にいうと興奮も、危険も、不安もなくなった平穏無事な状態と言い換えることができるかもしれません。そんなときは二人でいっそのこと大きな目標を立てましょう。結婚する、子供を作る、家を買う、移住する、会社を立ち上げるなどなんでもいいので、二人で一緒に取り組めることを選びましょう。

というのもノースカロライナ大学の心理学教授が実施したリサーチによると、困難を一緒に乗り越えたカップルのほうが、そうでないカップルよりも、お互いをより身近に感じることができ、お互いを魅力的に思うようになる、ということが分かっているのです。協力し合っていくことで、コミュニケーションも向上し、それまで見えなかったお互いの良さも見えてくるはずです。

3、一人の時間を持つ

あまりにも一緒にいる時間が長すぎると、誰もが飽きたり、退屈してしまいます。そんなときはあえてお互いに別々に時間を過ごすのがいいです。一人で外出したり、友達と旅行に行ってみたり、とにかくパートナーがいない時間も思い切り楽しんでみましょう。そうすることで一度気持ちをリセットでき、気分もリフレッシュすることが可能です。

といっても相手を放っておく、相手を忘れる、という意味ではありません。あくまでも心の隅に相手を置きつつ、自分の時間を過ごすということです。極端な例になると「時間を置く」といって一度別れる人もいますが、それでは気持ちが修復するどころか吹っ切れるリスクのほうが大きいです。